要注意!タイヤチェーンをかけるタイヤ

雪道を運転する上では、最近はスタッドレスが進化しており、それを装着すればある程度の雪道でも問題なく走行することが可能となっています。その特長は温度が0℃以下であってもゴムが硬くならない素材を使用しており、表面の凸凹で雪を引っ掻くことでスリップを防止しています。

ただ積雪が酷い場合や路面の凍結状態となると安定的な運転走行が求められることとなり、それを実現する上ではタイヤチェーンを装着することが必須です。また高速道路を利用した場合には、冬用タイヤ規制や全車両チェーン装着規制が実施されるケースもあります。

そのため、冬季の間は全車両チェーン装着規制に対応するため、タイヤチェーンを常に携帯しておくことは必要不可欠です。ただタイヤチェーンを装着する上では、どのタイヤの種類に装着するかで注意しなければならないことがあります。

それは冬用の場合だと外寸が大きく凸凹もあるので、大きさがチェーンに合わない場合があることです。つまり装着しようとしても装着できない恐れがあります。

また夏用ノーマルに装着すると凸凹が存在しないため、チェーンのひっかかりがないので滑る事も想定されます。逆にチェーンが切れやすくもなるので、タイヤチェーンは冬用のタイヤに装着することが常識となります。

Comments are closed.

最近の投稿