他人のペットの犬を轢いてしまったら・・・保険は使えるの?

ペットが家族以上の存在だったとしても対人賠償は使えません。残念ながら財物扱いになるので、自動車保険の対物賠償で対応します。ここから、犬の治療費、犬が亡くなっている場合は葬祭費用、慰謝料等が支払われます。
ペット関係の事故では、トラブルになりがちな点が2つあります。過失割合とペットの価値についてです。
飼い主がリードを離したため、犬が急に飛び出して来たような事故は、飼い主側にも事故に対して過失があります。大型犬がぶつかった事で凹みが出来て修理が必要になる場合などは、運転者側も被害者です。過失割合を正しく判断する為にも、事故状況を正確に記録しておく事が大切です。
ペットに関して飼い主はどうしても感情的になってしまいます。謝罪は絶対に必要ですが、相手の怒りに圧されて、その場で治療費は全額負担しますなどとその場で示談はいけません。動物の治療費は人間以上に高額になるケースもあります。過失割合が発生するケースも考え、保険会社を通しての示談交渉が必要です。
犬や猫が不幸にして死亡してしまっても、同等のものが一般的に取引されている価格を参考にして損害賠償されます。慰謝料も数万から数十万程度の判例が多いようです。わが子以上の愛情を注いでいる飼い主にとっては、この損害賠償額が不満で解決が長引くことが多いです。法律や判例を基準にして、相手に理解してもらう努力が必要です。

Comments are closed.

最近の投稿