車庫証明の取り方とは

自動車関係の手続きの中には、新車新規登録や中古車新規登録、番号変更、名義変更、変更登録などがありますが、所有者が変わったりあるいは使用者が変わった場合、さらに住所が変わったりした場合には車庫証明が必要になります。
この書類の発行元は最寄りの警察署になります。そのため、警察署に行って発行を依頼することになりますが、申請書類にはその住所地や名前など以外にも、申請書類の裏面に所在地のある近隣などの図面を記載する必要があります。
この図面にはコツがあって、ある程度その保管場所が分かるように記載する必要がありますし、また近隣に目立つものや保管場所とされる場所が分かるようにカーブミラーや何らかの公的に設置されたものを目印として記載する必要があります。
こうした書類の記載方法には自動車業者などは手馴れており、彼らに任せることもできますので、相談してみる価値はあります。なお、もしその場所を賃貸で借りている場合には、賃貸契約書などの写しが必要な場合があったりあるいはその場所を貸している大家の署名捺印が必要な場合があります。
警察署側での確認が済めば速やかに発行されますが、発行ができれば申請者に連絡がある場合があります。

Comments are closed.

最近の投稿