知っ得!車の豆知識

ウェディング12新車を購入する際、値引きが気になるところです。値引きが大きくなるのは、モデル末期のような人気のないクルマです。逆に人気のあるクルマは無理に値引きをしなくても売れるので、ディーラーもあまり値引きをしてくれません。値引きが大きいクルマと値引きが小さいクルマを比べれば、値引きが多いクルマを購入するほうがお得があります。しかし、ここに大きな落とし穴があるのです。それはそのクルマを売却するときにあらわれます。

そのクルマを買い替えるときには、売却することになるわけですが、高く買い取ってくれるクルマというのは人気のあるクルマで、逆に人気のないクルマの買取価格の相場は低くなってしまいます。つまり、新車値引きが大きくても、売却するときに高く買い取ってもらうことができないことが多いということです。それに対して、新車値引きが小さくても、売却するときに高く買い取ってもらうことができれば結果は同じになります。このことを考慮すると、あまり値引きの額に左右されてクルマを購入するのではなく、本当に欲しいクルマを購入するということが、後から後悔しない秘訣です。もちろん、本当に欲しいクルマの値引きが大きければそれにこしたことはありません。

Comments are closed.

最近の投稿