知ってますか?ホイールキャップは雪道に不要

乾いている状態の道路と凍結したり濡れている道路とでは運転した間隔が全く異なります。例えそれが、走り慣れている道路であったとしてもです。
普段走り慣れていない雪道を走行する場合には、チェーンを着用することにより、安全に走行することが出来ます。従来のものから手軽に装着することが出来るものまで様々なタイプが出回っており、目的に合わせて選択・使用するようにしましょう。
なお、チェーンを装着している時には、スピードを出し過ぎないようにしましょう。スピードを出しすぎてしまった場合には、チェーンが切れてしまうこともあります。また、最近の車には、樹脂製のホイールキャップが付けられているものもあります。このホイールキャップを付けたままでチェーンを装着すると、ホイールキャップにキズがついてしまうことがあります。雪道では不要なものですので、自宅に保管するかトランクに入れておくようにしましょう。
チェーンは材質により、手入れの方法が異なります。正しい方法で手入れを行わなかった場合、いざ使おうと思った時に使うことが出来ない状態になっていることもありますので、手入れをしっかりと行い、装着前には不具合が無いかを確認するようにしましょう。

Comments are closed.

最近の投稿