下取り車の手続きと手順について

クルマを購入するとき、それまで乗ってきたクルマをディーラーや中古車販売店に売却することを下取りと言います。下取りに出すメリットは、買取店に持っていくのと比べて、手間がかからないということです。また、販売員によっては個人的なつてがあって、高値で下取りしてくれる場合もあります。

下取りの手続きは、クルマを購入する際の見積りの段階でその旨を伝えると良いでしょう。ただ、下取り価格を新車の値引き価格に回されてしまうことがあるので、最初は考え中とでも答えておき、後から下取りしてもらいたい旨を伝えても良いかもしれません。

下取りの手続きは、必要な書類を揃えるだけです。必要書類は車検証、自賠責保険証、自動車納税証明書、印鑑証明書などです。軽自動車の場合は印鑑証明書は不用です。また、引越しをして車検証に記載された住所が違っている場合は、住民票が必要になり、結婚をして苗字が変わっている場合は、戸籍謄本が必要になります。

ところで、その下取り車にまだローンが残っている場合は、下取りに出すことができるのか不安という人もいることでしょう。ローンが残っている場合は、一括返済をして所有権解除をしてもらう必要があります。下取り価格から残金を支払うこともできます。

Comments are closed.

最近の投稿