下取り車の査定金額アップのコツ

ディーラーに車を下取りしてもらうと、他の買取り専門店などで提示される査定金額と比べて大きく差がついてしまうことは非常に多くあります。これは「下取りの査定基準」などが買取業者とは大きく違ったものであるという点も影響していますが、何よりも「売れない」ということが買取価格ダウンの大きな理由となっています。大手の買取業者の場合、すでに構築してきた「販路」が確保されています。顧客が多いという事は「売れる可能性も高い」という事になる為、多少無理をして高額買取をしても利益を出せる可能性があります。しかし、ディーラーの場合はこの販路がぜい弱である為、買取業者並みの高額買取りをしていたのではまるっきり赤字になってしまう可能性が高くなってしまい、どうしても高額買取が実現しづらい状況になってしまっています。

しかし、ディーラーの場合は「購入割引」があります。メーカーだからこそ出来る限界いっぱいの割引額は非常に高く、買取業者との買取金額差を加味しても決して引けを取りません。ですので、まずは出来るかぎり値引き額を増やしてもらえるように交渉していくことが大切です。その上で、満足出来る値引きが決まった後で「下取り車がある」という事を伝え、「他の買取業者はもっと高かった」という事を積極的にアピールしていくことで、トータルでの購入金額の割引率を高めることが出来ます。

Comments are closed.

最近の投稿