下取り車があることを内緒にするメリット

ディーラーを利用して新車を購入、下取りによる価格の相殺を行う場合、「下取り車があることを内緒にして交渉していく」ことは非常に有効な方法です。この方法を行うことによって購入金額を大幅に値引きすることが期待できるうえ、その値引き額を出来る限り大きいものにすることも可能です。

なぜ「下取りの有無」を内緒にする必要があるのかというと、ディーラーのセールスの中には「本来の下取り価格を少なく伝え、その分を値引き額として提示する」という人がいます。つまり、本来であれば100万円の下取り価格があるのに80万円と伝え、差額の20万円分を「特別に値引きします」という形で提案してくるという事です。何も知らずにこのような提案をされれば「ありがたい」と感じてしまうところですが、何を隠そうその20万円はそもそもの下取り価格ですのでディーラー側としては全くリスクが無い訳です。心情的には得をしたような気になるかもしれませんが、実質的には「本来の値引き分を損している」という状況になってしまいます。

そこで、まずは下取り車はないという状況で値引き交渉を行い、最終最後の段階で「やっぱり下取りでお願いする」という形をとることにより購入価格をより安くすることが可能です。

Comments are closed.

最近の投稿