ワンポイントアドバイス!タイヤチェーンの運転

雪道でタイヤチェーンを使って走行する場合は、安全を確保するためのポイントを確認してから行わなければなりません。
一つは、ちゃんとタイヤに合ったチェーンを装着することです。
タイヤに合わないチェーンを装着すると脱落の原因になり、事故を引き起こす可能性があります。
したがって事前にサイズを確認して、運転する車のタイヤに合ったチェーンを装着するようにしてください。
また、装着するときは安全確認を怠らないようにしてください。
例えば、フックのかけ忘れやチェーンの緩みなどがあると事故を起こす原因になります。
こうした点は基本中の基本でもありますが、装着した後に必ず確認しておきましょう。
ちなみに、装着前にチェーンの摩耗が見られる場合は、そのチェーンを装着しないようにしてください。
摩耗が激しいチェーンをつけたまま走行すると、途中でチェーン切れを起こしてしまう可能性があります。
さらに、タイヤチェーンを装着して運転するときは、絶対にスピードを出さないようにしなければなりません。
スピードの出し過ぎはチェーンにかかる負担を大きくしてしまい、チェーン切れを起こして事故に繋がる危険があります。
くれぐれもこうした点に注意し運転を行ってください。

Comments are closed.

最近の投稿