目的と予算で選ぼう!タイヤチェーン

雪道などを運転する際には、タイヤチェーンを利用します。タイプや材質の異なるものが出回っておりますが、目的と予算で選択肢も変わってきます。
タイヤチェーンの種類の中で、昔からあるタイプの金属でできたはしご型は、価格が比較的安くて、収納性が良いのですが、横滑りがしやすいことが難点です。この弱点を改良したタイプの金属の亀甲型は、凍結面での対応力も強く、装着が簡単で、横滑りにも対応しており、雪質を問わず、高い走破性を発揮します。
さらに、亀甲型にリングをつけたタイプのリング型は、装着時間が短くすみ、女性でも装備しやすい、ジャッキアップ等の操作も不要ということがメリットですが、金属製では最も高価です。
ゴムやウレタンでできたタイヤチェーンは、騒音や振動が少ないのが特徴で、ゴムやウレタンでできたはしご型も、金属製と同様に横方向のグリップ力が弱いということが難点です。
ワンタッチ装着型は、あらかじめアタッチメントをホイール側に取り付けて、タイヤカバーのように器具をタイヤにセットする、着脱が簡単なタイプですが、収納時にかさばるということと、価格が高いことが難点です。
ネット型は、亀甲型よりも目を細かくネット状にしたタイプで、振動や騒音が少なく、金属製に近い走破性を発揮することができますが、タイヤを包み込むような形状で、寒さでチェーンが硬化した際には装着が少し面倒になります。
それぞれの特徴や性質を考えて目的にあったものを利用することが大切です。

Comments are closed.

最近の投稿