車のトラブルの対策方法について

最近の自動車はとても性能がよくなり故障することも少なくなりました。それぞれパーツの耐久性がアップしたこともあり、機械的に動かしていた部品も電気的にコンピューター制御するようになってきたことも影響しています。
それでも故障するなどのトラブルが発生することがあります、その対策としてはやはりまず日頃から自動車の状況をよく確認しておくことと定期的にメンテナンスが必要な部分は交換を行うことです。
例えばタイヤなど何気なく毎日運転をしているうちに空気圧が減っていることもあります。空気圧が減ってくると燃費を悪くすることやバーストなどの危険があります。ガソリンスタンドなどで空気圧をチェックして適正に保っておくことです。
またタイヤが磨り減ってくるとスリップの原因にもなります。タイヤの溝の状態も確認し、減っているようであれば早めに交換します。
エンジンルームにはエンジンオイルを確認するオイルレベルゲージがついています。これを抜いてオイルの汚れや規定量が入っているか確認します。汚れていたり量が減っている場合は交換します。
バッテリーが弱くなるとエンジン始動ができなくなります。電圧など確認する方法もありチェックします。
他にもワイパーのゴムやエアクリーナーなど早めに交換を行いトラブル対策を行うといいでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿