こんなとき、保険は使えるの?

保険には被害者の保護のため強制加入となっている自賠責保険のほか、加入が任意とされている任意保険の二種類がありますが、自賠責は物的損害については補償されないほか、補償金額に限度があるため、多くの人が交通事故発生時のリスクを考慮して両方に加入しています。
任意保険の補償内容は、保険会社や種類によって若干の違いがあるため、契約時に約款や重要説明事項について良く確認する必要があります。
一般的なものは、事故を起こした際の対人賠償や対物賠償は無制限となっていますが、補償範囲は契約内容によって異なります。例えば契約している車に乗っている時に交通事故を起こした場合は、当然ながら補償範囲内となりますが、それ以外の物を運転中に事故を起こした場合、該当する特約が補償内容に盛り込まれているか、あるいは所有者の契約内容が他人の運転中も補償するようになっていなければ、適用されないことになってしまいます。
また、自然災害によって被害を被った場合は、その種類によって扱いが異なります。台風やゲリラ豪雨によって修理が必要になったり、あるいは全損となった場合、一般形やエコノミー型であれば補償対象となります。しかし、地震や津波などの大災害の場合は、一般的には補償されないため別途特約をつける必要があります。

Comments are closed.

最近の投稿