亀甲型チェーンとは

タイヤチェーンは、その形状や材質によっていくつかの種類に分類され、それぞれの種類によって、価格帯も違ってきますし、走行時の性能や取り扱いのしやすさなどにも特徴が出てきますので、目的に見合ったものをチョイスして購入することがたいせつとなってきます。そうしたなかでも、タイヤチェーンの形状面に注目すると、はしご型と亀甲型のふたつの種類に大きく分けられます。はしご型チェーンというのは、文字どおり、縦方向に長くなった鎖のような部材の間に、横方向に垂直な部材が取り付けられた形状をしている単純なもので、チェーンとしては基本形といえるでしょう。いっぽうの亀甲型チェーンは、縦方向の部材の間に、斜め方向にも複雑に部材が組まれていて、ちょうど亀の甲羅の模様のような形状をしているものです。このような形状の工夫によって、はしご型チェーンよりも、前後方向、左右方向のいずれの方向にもグリップ力がはたらき、タイヤがすべりにくくなっていますので、雪道を運転する場合の走行性能が向上します。このような亀甲型チェーンには、材質面で分類すると、ニッケル合金などでできた金属チェーンと、ウレタンや合成ゴムなどでできた非金属チェーンのふたつがあります。

Comments are closed.

最近の投稿