ハイブリッド車の特徴

ハイブリッド車は、ガソリンによって動くエンジンと電気によって動くモーターの二つの力を使って動く車です。ハイブリッドという言葉には、混合や組み合わさるなどという意味があります。環境に優しい車として人気が高く、多くの注目を集めています。従来のガソリン車には低速度の時に燃費が悪くなるというネックがありますが、多くのハイブリッド車はモーターで加速し、燃費の良い速度に達した時点からガソリンで動くエンジンに切り替わるという特徴を持っているため燃費が良いです。また、排気ガスや二酸化炭素の排出量も少ないです。
近年では地球温暖化問題や石油などのエネルギー問題が提起されているため、ガソリンと電気を効率よく使って走るハイブリッド車は年々注目を集めています。電気自動車などの普及に必要とされる専用の充電スタンドなどを設置する必要がなく、従来の設備をそのまま利用しながら省エネや環境に配慮することができることもハイブリッド車の大きなメリットです。
ハイブリッド車の歴史は1909年にフランスで始まったと言われています。ガソリン車の性能が向上したことなどから一度は忘れられた存在となりましたが、1970年代から1990年代にかけて世界的に引き起こされた大気汚染問題などをきっかけに再び注目されることとなりました。

Comments are closed.

最近の投稿