本当に自然にやさしい?エコカー

ウェディング09自然に優しい活動をエコと言います。最近は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の削減につながる活動をエコの代表的な活動ととらえて考えている人も多いようです。誰でもできるエコは節電で、不必要な電気は使わないとか、エアコンを冷やし過ぎないように温度調節したり、近いところはクルマは使わないなど、意識することで様々なエコ活動を行うことができます。

また、乗るだけでエコになるクルマ、いわゆるエコカーと呼ばれるクルマもあります。通常、クルマはガソリンを燃焼させて駆動力を得ます。その際に排気ガスが出るわけですが、その中には大量の二酸化炭素が含まれています。しかし、エコカーは通常のクルマと比べて、二酸化炭素の排出量を大幅に減らすことができたり、二酸化炭素を全く排出しないクルマもあります。その意味で、本当に自然に優しいクルマと言うことができます。

エコカーと呼ばれるものにはいくつかの種類があります。日本で最も多く販売されているのはハイブリッドカーで、ガソリンとモーターの二つの駆動力を使って走ります。モーターで走るときは、全く二酸化炭素を排出せず、燃費は通常のガソリンエンジンと比べて半分程度になります。そのため、単純に二酸化炭素の排出量も半分になるということです。

Comments are closed.

最近の投稿