エコカーとガソリンエンジン車の違いについて

 エコカーとは、「低公害車」の通称です。ハイブリッド自動車や電気自動車、燃料電池自動車などのことです。また、燃料にガソリンや軽油以外の代替エネルギーを用いる、メタノール自動車や圧縮天然ガス自動車なども指します。
ガソリンエンジン車の排気ガスには、窒素酸化物や二酸化炭素、一酸化炭素といった大気汚染物質が含まれています。これが、環境問題を引き起こす一因となっています。
しかしエコカーであれば、大気汚染物質の排出量が少なくなります。あるいは、例えば燃料電池車なら水しか排出されませんし、電気自動車であればそもそも排気ガスが出ません。このように、ガソリンエンジン車に比べ、環境への負荷が少ないという特徴があります。
日本の場合、エコカーは自動車取得税や自動車重量税、自動車税(軽自動車税)などの税金が安くなる優遇措置が取られています。エコカーの普及を促進させるためのもので、環境対策の一環として行われています。
またガソリンエンジン車であったとしても、排気ガスに含まれる大気汚染物質の量が規定値よりも低ければ、低排出ガス車として認定されるという制度があります。規定値からどれくらい削減できたか、その程度によって、減税される割合が変わります。

Comments are closed.

最近の投稿