エコカーの有効な使い方について

エコカーは燃費が良いことで知られていますが、使い方によっては想像していたほど低燃費走行ができない場合があります。ハイブリッドカーの仕組みはエンジンとモーターのハイブリッドによって駆動力を得ます。このとき、エンジンが止まってモーターで動いているときには、燃費が非常に良くなりますが、逆にエンジンで走っている時は、普通のガソリンエンジン車と変わらなくなってしまいます。

では、どのようなときにモーター、あるいはエンジンで走行することになるのでしょうか。たとえば、トヨタのハイブリッドカープリウスを例にとると、発進するときにモーターが使われます。これは発進するときに最も燃費が悪くなるために、モーターで発進するようなシステムになっているわけです。そのため都心部の渋滞が多かったり、信号が多い地域では、ハイブリッドカーは非常に有効になります。

ところが、アクセルを踏み込んで急発進したり、高速道路を走ったりするときは、モーターだけでは駆動力が足りないので、エンジンが始動します。そうすると、ハイブリッドカーとしての低燃費は期待できなくなってしまいます。そのため高速走行が多い人は、それほど大きなハイブリッドカーによる低燃費のメリットを享受することができません。

Comments are closed.

最近の投稿