エコカーの特徴や仕組みとは

エコカーとは、低公害車のことで公害の原因となる大気汚染物質の排出を抑制している自動車のことです。公害の原因となる大気汚染物質には、窒素酸化物・一酸化炭素・二酸化炭素などの物質があり、燃料としてガソリンを用いると排出されることが多くなっています。

また大気汚染物質は環境を悪化させたり、地球温暖化などの社会問題にも繋がるため、それに向けての対策をとることが必要です。なお低公害車の種類には、まず動力燃料自体にガソリンを用いない自動車とガソリンの一部と電気モーターを利用するハイブリッドタイプの自動車に大別されます。

その種類も電気自動車・メタノール自動車・天然ガス自動車・水素自動車・ハイブリッド自動車などがあります。なかでも日本はハイブリッド自動車の技術が優れており、ガソリンを使用する内燃機関と電力による原動モーターを組み合わせて走行させる仕組みとなっています。

加速に使う内燃機関を補助として原動モーターを併せて使用することで、排出ガスの削減も実現可能となります。いずれの自動車の特徴も有害な排気ガスを出さないか、それを大幅にカットしているタイプとなります。

また低公害車の特徴としては、燃料にガソリンを用いないことで燃費が優れている点があります。つまり少ない燃料を消費するだけで遠方までの走行を実現しています。

ガソリンの原料となる原油は、将来、枯渇する可能性が高い資源と言われています。しかも世界中の国々でも利用されている資源で相場も不安定な側面も強いため、ガソリンの使用を抑制できるのは朗報となります。

Comments are closed.

最近の投稿