エコカーの車種の特徴

ハイブリッドカーの元祖であるプリウスが初めて登場したとき、ガソリンエンジンとモーターのハイブリッドシステムが未来のクルマを予感させるということで、内外装とも既存のどのクルマとも違う、まさに未来カーのようなスタイルで登場して話題となりました。しかし、そのときから月日を重ね、ハイブリッドシステムを搭載する車種が珍しくなくなってしまった今は、ほとんどのタイプのクルマにハイブリッドカーがあると言っても過言ではありません。

プリウスよりもコンパクトなアクアやフィットハイブリッドが登場したとき、200万円を切る価格が話題となりました。また、逆にプリウスよりもサイズが大きいクルマはハイブリッドシステムを搭載しやすいということから、あっと言う間に増えました。その中にはSAIやカムリ、レクサスCTのようなハイブリッド専用車もあれば、ガソリンエンジンとハイブリッドの両方のモデルを用意しているクルマもあります。

さらに人気のSUVやミニバン、さらにスポーツカーなどにもハイブリッドシステムを搭載したモデルが登場し、ユーザーの選択肢が増えています。かつては、ハイブリッドカーはプリウスしかなかったことを思うと、時代は本当に大きく変わりました。これからもさらなるエコカーが登場し、わたしたちの生活を変えていくことでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿