エコカーの走り心地や騒音について

ハイブリッドカーをはじめとするエコカーは、燃費は大変良いことはわかるのですが、走り心地や使用感などはどうなのだろうと気になる人もいることでしょう。まずハイブリッドカーの共通した特徴は、騒音が非常に少ないことです。特に発進時などのモーターで動いているときは、エンジン音がしませんので非常に静かです。二つ目に、エンジンとモーターの相乗効果によって、パワフルな加速が可能です。たとえば、プリウスなどは1.8Lエンジンを搭載していますが、2.4Lエンジン並の加速性能があります。それでいながら、燃費は軽自動車以上ですから本当に素晴らしいの一言に尽きます。

走り心地に関しては、そのクルマによって違います。初代プリウスが登場したときは、燃費性能を伸ばすために、細く燃費の良いタイヤを履いていたので、ハンドリング性能などは芳しくはありませんでした。しかし、本田CR-ZやレクサスCTのようにハイブリッドスポーツカーは、足回りがしっかりしていてハンドリング性能も高いです。したがって、ハイブリッドカーだからということで走り心地が良いとか悪いということはありません。そのクルマの性格がそのまま走り心地に反映しているのは、普通の自動車と同じです。

Comments are closed.

最近の投稿