売買契約の解約について

売買契約の解約はいつまでできるか確認しました。契約は契約書を取り交わした際に確定しますが、車の納車までは保留に近い状態になっていることがあります。各社とも納車ができて初めて契約成立としている場合が多いようです。特に、自動車の場合は他の商品と違い、在庫を持っていてもナンバー取得、車庫証明取得など各種てつづきがあるため、最速でも1週間以上はかかることが多いようです。そのため、契約書は発注書でしかなく、納車をして初めて契約成立となります。そのため、納車前にキャンセルしても問題なく、実際に、契約後に支払い等に問題があってキャンセルする場合も少なくないようです。しかし、支払いに問題がなければ通常はキャンセルはしない場合が多いようです。それは、契約条項を確認するしないを別にして倫理的にキャンセルが出来ないと考える方が多いからと言われています。しかし、売買の際に自分の側に瑕疵がないなら解約はしてもかまいません。車は高価な買い物の一つですのでセールスマンとの信頼関係も重要です。キャンセルの理由にはいくつかあるようですが、支払いの可否以外に一番多いのは、発注してすぐに新型が発売されたなどのセールスマンからの情報不足があるようです。

Comments are closed.

最近の投稿