当て逃げされても保険は使える??

少し目を離したいたら当て逃げされた、というようなケースで保険を利用することは出来るのでしょうか。保険の加入時に、車両保険に加入していれば保険を利用することが可能です。「誰かが当て逃げした」と主張しても、加害者が誰かわからなければ加害者側の保険で対物補償などをしてもらうことはほぼ不可能でしょう。そのような場合に加害者がわからなくても、保険金を受け取ることができる唯一の保険になります。しかし、「保険が使えるから」とすぐに保険で修理してしまうのは少し待ってください。場合によっては、保険を使うことにより修理代よりも大きな金額を支払わなければならないケースも出てくるのです。
保険を使って修理を行った場合、次年度の契約から等級が3等級下がってしまいます。等級が下がると、次年度以降の保険料が上がってしまいます。また、保険の契約時に免責の金額を設定していることがあります。免責の金額が「0円」ならば負担はありませんが、「5万円」のような表記がある場合には5万円の負担を行わなければなりません。1回目は自己負担なし、2回目以降は自己負担ありという免責もあります。
次年度以降の保険料と当て逃げをされたことによる修理の費用、また免責の金額をよく比べて、一番得になる選択を行う方が良いでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿