Archive for 4月, 2016

シートベルトのアレンジ

車を運転していく上で、乗る人の安全を守っているのがシートベルトです。これはどうしてもシンプルな形状なので、なかなかアレンジなどもどうやったらいいのかと思うかもしれません。いろんなタイプはありますが、パッドの部分をおしゃれなものに付け替えたりしていることもあります。子供にきちんと乗ってもらいたいと思っている場合には、子供向けのヘルパータイプのものや、ちょっとしたキャラクター物のアクセサリーもありますので、こうしたものを随時取り入れていけば、喜んでベルトを締めてくれるでしょう。ストッパーでもいろんなタイプがありますので、大人っぽいクラシカルな雰囲気の物や、キュートなキャラクター物などに付け替えてアレンジをどんどん楽しんでみて下さい。ちょっと疲れた時にはクッションタイプもありますので、これを付けておけば枕にしてすやすやと眠ることも出来ます。ベルトは安全面から機能を損なわずに何とかおしゃれを楽しみたいものです。ちょっとした小物が多いですが、その分季節やその時々の気分で付け替えて楽しむことも出来ます。いろんな物を集めて、自分なりのベルトのおしゃれを楽しんでみるのも、カーライフを楽しむ秘訣になります。

シートレールでのアレンジ

タクシーの運転手さんや長距離トラックのドライバーさんたちならいざ知らず、普通に乗用車に乗っている一般のドライバーが、車のシートの座り心地についてあれこれ考えたり文句を言っても仕方がないし、そもそもそんなことを気にしている人などいるのか?というのが、車についてあまり良く知らない人たちの思うことかもしれません。特に日本の優秀な車メーカーのデザイナーさん達が、ユーザーの乗り心地を考えずにシートをデザイン・開発しているなど考え難いものなので、標準装備のシートで何の問題があるのか、とうい人もいるかもしれません。でも、実際に、休暇で少し長距離を運転してみると、腰や肩が痛くなったり、いつ乗っても、どうもしっくりいかないし、ヘッドレストの位置もいまいち気に入らない、というオーナーさん達もいるのではないでしょうか。シートのカスタム化でお気に入りのものに替えることができるということは知られているかもしれませんが、シートは替えたのにまだちょっとどこか納得いかないという場合には、その土台となるシートレールも替えることによって、更に快適なポジションにすることができるかもしれません。基礎からこだわってみましょう。

シートカバーでのアレンジ

車を購入すると、車内空間をより良いものにするために、車内インテリアに色々手を加えたくなるものです。
収納グッズやゴミ箱を置いたり、マットを敷いたり、色んなアレンジがありますが、内装のイメージをガラリと変えるにはシートカバーがお勧めです。

車を購入する際に、オプションでシートをアレンジすることが出来ます。
ふんわりとしたクッション性のあるシートがいいという方もいれば、革製のパリっとしたものがいいという方もいらっしゃるでしょう。長時間運転しても疲れにくいタイプのシートなどもありますので、購入する際、その点もじっくり選んでみられることをお勧めします。
メーカー製品が使われるので、サイズにピッタリ合わせてもらえるのが利点です。

もちろん購入後にもアレンジすることは可能です。
最近では有名なブランド・メーカーからもカバーが出ていて、おしゃれで高級感のあるものも増えています。
可愛らしい柄のものもあれば、おしゃれなもの、清潔感のあるものなど様々です。
また、小さなお子様やペットなどを乗せる方にお勧めなのが、防水タイプのものです。飲み物をこぼしてもサッと拭けるので便利です。
防汚タイプのものや、傷や匂いが付きにくくなるタイプのものなどもありますので、機能性で選んでみるのもいいでしょう。

お気に入りのカーシートを自分好みにアレンジしよう

車の免許を取って誰もが考えることは、どんな車に乗ろうかということでしょう。女の子であれば可愛らしい車を選んで、内装も自分好みにどんどん変えていくことも多いです。それは携帯やスマートフォンをデコレーションするような感覚でもありますので、すごいものであれば本来の車とはまったく違った内装に作り上げているので感動させられます。今は気軽に交換できるようなシート用のカバーなどもたくさんありますから、簡単にアレンジが出来てしまいます。クッションを置いたりするなど、自分の部屋のようにいろんなものを用意しているので、快適な居住空間に仕上げている人もいるぐらいです。カーアクセサリも豊富に販売されていますから、ハンドル用のカバーやペットを乗せる時のグッズにカーテンといろんな雑貨を利用しています。車を運転する時も楽しい気分で運転できれば、遠距離でも頑張れます。お気に入りの車なのですから、自分なりの趣味を反映させた居住空間にしてしまってもいいのです。いろんなカバー類などが販売されていますので、季節によって変えたりして楽しむことも出来ますから、どんどんアレンジを楽しんでみて下さい。カーライフがもっと華やいでいくでしょう。

リクライニングシートのおすすめポイント

車にはいろいろなパーツが存在しますが、その中で座り心地に関連しているパーツがリクライニングシートです。これは運転席や助手席に主についているパーツで、背もたれを後方へ傾斜させることができる機能を備えています。これによって、自分の一番しっくりくるところで運転ができます。日本語では自在腰掛ともいいます。シートの傾斜を変更させる方法はボタンを押しながら椅子に力を入れて背中から押すことによって変えることができます。他にはレバー式のものも存在し、これはレバーを引きながら強く背中側を押すと変えられます。このシートは車を買ったころから最初からついていますが、場合によってはあまりしっくりこないという人もいます。しっくりこないと運転がしにくいということもあるので変更することもできます。シートはネットでも買えますが、高いようにみえるのですが、安いものでは6000円台で買えるものもあります。買い替えるのが嫌な人は、シートの部品を変えることによって少しは改善されることもできます。それ以外にはクッションなどをしたにしくなどして楽にすることはできます。助手席ならば少し座り心地が悪いだけで済みますが、運転席ならば一番しっくりときて、運転しやすいものを選ぶのが一番です。

フルフラットシートのおすすめポイント

キャンプやアウトドアなどではテントで宿泊するという人が多いのですが、車の中で寝たいという人も増えてきています。特にシートをフルフラットにできる車の場合、足を伸ばしてゆったりと眠ることができるので人気が高くなっています。フルフラットシートというのは、全てのシートをリクライニングさせて座面と背もたれを水平に繋げるというシートアレンジのことであり、まるでベッドのように使用することができます。このようなタイプのシートはミニバンを中心に普及していますが、完全に水平になるものはあまりありません。車のシートをフルフラットにすれば、キャンプだけでなくサーフィンやスノーボードなどのレジャーでも気軽に休むことができますし、空間を広く使うことができるため、たくさんの荷物を積むことができるというメリットもあります。しかし、これを追求しすぎるとシートが小さくなってしまったり、平板になるのでシートの掛け心地を悪化させたりしてしまうこともあるので注意しましょう。また、フルフラット状態で走行すると危険なので停車中のみフルフラットにすると良いのですが、車中で寝泊りできるこのシートを採用した車の市場はますます大きくなっていくと考えられています。

バケットシートのおすすめポイント

スポーツカーだけではなく、コンパクトカーでもバケットシートがあると運転のしやすさが変わります。けーとはリクライニングが無い場合もありますが、最近は機能が付いているものも増えています。このシートの利点は体を固定してくれることです。通常のシートではコーナリング中は体がずれてしまい、踏ん張ることで余計な力がかかります。しかし、シートを変えれば体が固定されるため、運転も楽になります。ただし、シートで固定されるので通常のシートで出来ていた物を取る動作とかが厳しくなる場合もあります。また、シートを変えることによって視線を下げることができます。視線が高いと車の挙動が理解しづらかったり、車の重心が上がってしまうなどがありますが、ドライバーをボディー側に下ろすことで重心を下げられるメリットがあります。シートを選ぶ際は注意点が一つありあります。それは車検です。車検では後部座席の人間のためにシートの背面にクッション等が必要となります。シートによっては後部のことを考えていないシートも多いです。その場合はオプションで車検対応にするためのクッションが販売されているので合わせて購入しておくとよいです。また、視線を隠すタイプのシートもありますが、車検が通らない場合もあるので事前確認が必要です

ベンチシートのおすすめポイント

車種によってはベンチシートになっていますが、ベンチタイプを好む方も多いようです。
ベンチタイプのおすすめポイントですが、まず運転席と助手席が広々しているという点が挙げられます。
通常の車ですと、運転席と助手席の間にセンターコンソールがありますので、その分スペースが狭くなってしまいます。ベンチタイプですとセンターコンソール部分もシートになっていますので、シートを広々と利用する事ができるのです。また、足元にもゆとりがありますので、窮屈さを感じ難くなっています。
ウォークスルーで移動ができるのも魅力です。センサーコンソールがあると運転席から助手席へ移動する時にも苦労するものですが、ベンチタイプなら楽々移動する事ができるのです。例えば運転席側から降りる事が難しい時にも助手席側から降りる事ができますし、反対に乗る時にも助手席側から乗れます。
横になって休めるという良さもあります。ベンチタイプですと疲れた時などにもすぐに横になる事ができますので、車内で休む事が多いという方にも適しています。ベンチタイプを採用している車はシートの質にも力を入れて制作している事がありますので、座り心地が良くなっていたりしますし、快適に休む事ができるのです。

シートの重要な役割

カーシートは、自動車用品の中では、地味な商品ですが、ドライバーにとっては、縁の下の力持ちで、重要なパーツになります。。シートは、ドライバーを運転中、楽な姿勢を保ち、集中して運転ができるように体をホールドしてくれます。シートは、それぞれの自動車メーカーが、長年の研究によって、それぞれが、特徴を持っています。自動車用のシート独特のホールド感は、一般家庭にあるイスや、飲食店、オフィスにあるイスとは違う感覚があります。また自動車のシートにはもう一つ役割があり、事故が起こった時の衝撃吸収で、乗員を衝撃から守ることです。このホールド性と快適性を兼ね備えた、シートは、市販車も、オプションとして、種類を取り揃えていたり、有名メーカーに発注して、オリジナルの物を作っていたりします。それだけメーカもシートに対して、重要だものだと考えているのだということがうかがいしれます。これらのシートは、仮眠ができるフルクライミング機能が装備されていたり、腰をしっかりサポートするランバーサポート機能、首にい負担をかけない、ヘッドレストなど人間工学に基づいて設計された、機能がついています。シートを変えただけでも別の車になったかのような感じがあります。

快適な居住空間、決め手はシートにあり!

ウェディング11現在では持ってない一家のほうが少ない車。高速道路やバイパスも増えるなど、年々道路状況も良くなり、少し遠くまでなら車の方が便利と言うことも増えてきました。
しかし、乗車時間が長いほど体への負担は大きくなっていきます。
シートが堅ければすぐに体のあちこちが痛くなってきますし、せっかく広い空間の車種であっても、眠りずらかったりリラックスできないでは意味がありません。
自動車用のシートは、車内の内装の中でも大きなスペースを占めているので、外観も重視されます。
多くのフロントシートは、運転席と助手席が離れているタイプとなっていますが、運転席と助手席が一緒になり、車内を広く使えるメリットのあるベンチシートタイプも、近年では人気が高まっています。
車の後部座席で乗用車の場合、3人掛けのベンチシートが多いリヤシートにも、近年では、リクライニング機能を始めとした快適にするための機能や、背もたれの中央を倒すとアームレストになり、電話、エアコンスイッチ等が配してあったり、小物入れになっている物もあります。
乗員の体型の考慮を始め、様々な機能が常に求められているが、小さく軽量にしたら質がチープになり、かといって良い物ばかりにこだわれば、その分コストも大きくなります。
それでもやはり快適に乗りたいから、車選びの中でも需要視され、購入時の決め手になることの多いパーツです。

 

最近の投稿