Archive for 3月, 2016

忘れないで!チェーンのお手入れと点検

雪道の運転ではタイヤチェーンが必要になる事もあります。免許を取る際に誰もが自動車学校でチェーン装着を習ったはずですが、地域によっては全く使用しないまま何年も過ごしてしまったという人も多いはずです。
しかし、突然大雪が降る事もありますし、遠出をした際にその地域で降雪に遭う可能性もあります。高速道路などで降雪があった場合はタイヤチェーンを装着していないと通行を許可されない場合もあります。スタッドレスタイヤを装着していても冬は万能と言うわけではないのです。
その為、普段は使わずにトランクにしまったままのチェーンの部品は揃っているか、装着の方法を忘れていないか、は常に確認して準備しておかなければなりません。地方の雪道でなかなか装着できずに立往生しているのは普段雪が降らない地方のナンバーが多いのです。また、いざ使用するときに錆びて使い物にならない、と言った事がないように、お手入れをしておく事も重要です。通常は使用した後に泥を落とすために水洗いして乾かしておく程度で大丈夫でしょう。春になったら市販の錆び止めスプレーをしてから専用のボックスにいれておけば良いのです。冬になってからの入れ忘れを防ぐためシーズンオフでもトランクに入れたままで良いのです。

要注意!タイヤチェーンをかけるタイヤ

雪道を運転する上では、最近はスタッドレスが進化しており、それを装着すればある程度の雪道でも問題なく走行することが可能となっています。その特長は温度が0℃以下であってもゴムが硬くならない素材を使用しており、表面の凸凹で雪を引っ掻くことでスリップを防止しています。

ただ積雪が酷い場合や路面の凍結状態となると安定的な運転走行が求められることとなり、それを実現する上ではタイヤチェーンを装着することが必須です。また高速道路を利用した場合には、冬用タイヤ規制や全車両チェーン装着規制が実施されるケースもあります。

そのため、冬季の間は全車両チェーン装着規制に対応するため、タイヤチェーンを常に携帯しておくことは必要不可欠です。ただタイヤチェーンを装着する上では、どのタイヤの種類に装着するかで注意しなければならないことがあります。

それは冬用の場合だと外寸が大きく凸凹もあるので、大きさがチェーンに合わない場合があることです。つまり装着しようとしても装着できない恐れがあります。

また夏用ノーマルに装着すると凸凹が存在しないため、チェーンのひっかかりがないので滑る事も想定されます。逆にチェーンが切れやすくもなるので、タイヤチェーンは冬用のタイヤに装着することが常識となります。

知ってますか?ホイールキャップは雪道に不要

乾いている状態の道路と凍結したり濡れている道路とでは運転した間隔が全く異なります。例えそれが、走り慣れている道路であったとしてもです。
普段走り慣れていない雪道を走行する場合には、チェーンを着用することにより、安全に走行することが出来ます。従来のものから手軽に装着することが出来るものまで様々なタイプが出回っており、目的に合わせて選択・使用するようにしましょう。
なお、チェーンを装着している時には、スピードを出し過ぎないようにしましょう。スピードを出しすぎてしまった場合には、チェーンが切れてしまうこともあります。また、最近の車には、樹脂製のホイールキャップが付けられているものもあります。このホイールキャップを付けたままでチェーンを装着すると、ホイールキャップにキズがついてしまうことがあります。雪道では不要なものですので、自宅に保管するかトランクに入れておくようにしましょう。
チェーンは材質により、手入れの方法が異なります。正しい方法で手入れを行わなかった場合、いざ使おうと思った時に使うことが出来ない状態になっていることもありますので、手入れをしっかりと行い、装着前には不具合が無いかを確認するようにしましょう。

タイヤチェーン装着時はスピードの出し過ぎ禁止!

雪道を車で走るときはタイヤチェーンを装着すれば安心ですが、しかし、装着しただけで安心しきってはなりません。
装着した後の車の運転においても気をつけなければならないことがあるのです。
それは、タイヤチェーンを装着してままスピードを出し過ぎてしまうことです。
これは事故を引き起こしかねない要素になるので、絶対にやってはなりません。
なぜ、タイヤチェーン装着時にスピードを出し過ぎてはいけないかというと、速度が出過ぎることによってチェーンの膨れ上がりを生じさせてしまうからです。
チェーンの膨れ上がりはそのままにすると車体と直接接触するようになり、最終的にはチェーン切れを起こしてしまうことになります。
チェーンが切れたら、何も保護がない状態で雪道を走ることになりますので、当然事故が起こりやすくなります。
ゆえに、タイヤチェーン装着時は絶対にスピードを出し過ぎてはならないのです。
また、安全な速度だからといってそれで安心するわけにもいきません。
速度が遅くてもタイヤのサイズにあったチェーンを装着していなければ危険があるので、チェーンのサイズについても事前に確認しておくようにしてください。
なお、走行時に何らかの異音がしたらただちに運転を停止してください。

ワンポイントアドバイス!タイヤチェーンの運転

雪道でタイヤチェーンを使って走行する場合は、安全を確保するためのポイントを確認してから行わなければなりません。
一つは、ちゃんとタイヤに合ったチェーンを装着することです。
タイヤに合わないチェーンを装着すると脱落の原因になり、事故を引き起こす可能性があります。
したがって事前にサイズを確認して、運転する車のタイヤに合ったチェーンを装着するようにしてください。
また、装着するときは安全確認を怠らないようにしてください。
例えば、フックのかけ忘れやチェーンの緩みなどがあると事故を起こす原因になります。
こうした点は基本中の基本でもありますが、装着した後に必ず確認しておきましょう。
ちなみに、装着前にチェーンの摩耗が見られる場合は、そのチェーンを装着しないようにしてください。
摩耗が激しいチェーンをつけたまま走行すると、途中でチェーン切れを起こしてしまう可能性があります。
さらに、タイヤチェーンを装着して運転するときは、絶対にスピードを出さないようにしなければなりません。
スピードの出し過ぎはチェーンにかかる負担を大きくしてしまい、チェーン切れを起こして事故に繋がる危険があります。
くれぐれもこうした点に注意し運転を行ってください。

リング型チェーンとは

自動車のタイヤチェーンにはいくつかの種類があり、材質によっても性能や特徴が変化しますので、使いみちにあったものを選ぶというのが肝心です。そうしたタイヤチェーンの種類のひとつとして、リング型チェーンとよばれるものがあり、現在では幅広く流通しています。これまでのタイヤチェーンといえば、亀の甲羅のもようのような複雑なかたちをした亀甲型チェーンが多くみられましたが、このリング型チェーンというのは、亀甲型チェーンを改良したバージョンということがいえるでしょう。亀甲型チェーンとの大きな違いとしては、リングのようなかたちのワイヤーが付け加えられているということが挙げられます。このようなワイヤーがあらかじめ設けられていることによって、いちいちジャッキアップをして車体を浮かせてチェーンをタイヤに取り付けるという手間がなくなり、スムーズに使用することが可能となりました。また、性能の面でも進歩しており、前後の方向に加えて、左右の方向へのグリップ力が強くなっていますので、雪道のようなすべりやすい道路を運転する場合であっても、横にふらついたりして自動車の車体の姿勢が安定しないといったことがなくなり、安全に走行できるようになります。

亀甲型チェーンとは

タイヤチェーンは、その形状や材質によっていくつかの種類に分類され、それぞれの種類によって、価格帯も違ってきますし、走行時の性能や取り扱いのしやすさなどにも特徴が出てきますので、目的に見合ったものをチョイスして購入することがたいせつとなってきます。そうしたなかでも、タイヤチェーンの形状面に注目すると、はしご型と亀甲型のふたつの種類に大きく分けられます。はしご型チェーンというのは、文字どおり、縦方向に長くなった鎖のような部材の間に、横方向に垂直な部材が取り付けられた形状をしている単純なもので、チェーンとしては基本形といえるでしょう。いっぽうの亀甲型チェーンは、縦方向の部材の間に、斜め方向にも複雑に部材が組まれていて、ちょうど亀の甲羅の模様のような形状をしているものです。このような形状の工夫によって、はしご型チェーンよりも、前後方向、左右方向のいずれの方向にもグリップ力がはたらき、タイヤがすべりにくくなっていますので、雪道を運転する場合の走行性能が向上します。このような亀甲型チェーンには、材質面で分類すると、ニッケル合金などでできた金属チェーンと、ウレタンや合成ゴムなどでできた非金属チェーンのふたつがあります。

はしご型チェーンとは

チェーンには様々な種類があり、それぞれに長所、欠点があります。走行する道路、値段、装着方法などニーズに合わせて選ぶ必要があります。
はしご型チェーンは一般的なチェーンの形でタイヤに対して横に金属チェーンがついています。そのためタイヤについたチェーンがはしごのように見えます。タイヤしっかりとくフィットし、前後方向のグリップ力に優れます。それ故に蹴りこみ時に大きな力を得ることができ登坂に強いです。また、ほかのタイプの金属チェーンに比べて安価に装着することができます。収納はコンパクトにすることができるので、使用しないときも邪魔になりません。注意点として横方向の滑りにはあまり機能しないので、氷結路の運転の時には横滑りに注意が必要です。また運転時の騒音や振動が大きく、乗り心地はあまりよくありません。
チェーンの種類にはほかにも亀甲型があります。こちらは横滑りにも対応したチェーンです。ほかにも非金属型のチェーンがあります。ウレタン製のチェーンでは騒音、振動が抑えられますが、グリップ力が少し落ちます。また大型化するので収納にも不便です。また、布製のチェーンもあります。取り付けも簡単で騒音、振動も少ないなど金属チェーンにはない特徴を持っています。

目的と予算で選ぼう!タイヤチェーン

雪道などを運転する際には、タイヤチェーンを利用します。タイプや材質の異なるものが出回っておりますが、目的と予算で選択肢も変わってきます。
タイヤチェーンの種類の中で、昔からあるタイプの金属でできたはしご型は、価格が比較的安くて、収納性が良いのですが、横滑りがしやすいことが難点です。この弱点を改良したタイプの金属の亀甲型は、凍結面での対応力も強く、装着が簡単で、横滑りにも対応しており、雪質を問わず、高い走破性を発揮します。
さらに、亀甲型にリングをつけたタイプのリング型は、装着時間が短くすみ、女性でも装備しやすい、ジャッキアップ等の操作も不要ということがメリットですが、金属製では最も高価です。
ゴムやウレタンでできたタイヤチェーンは、騒音や振動が少ないのが特徴で、ゴムやウレタンでできたはしご型も、金属製と同様に横方向のグリップ力が弱いということが難点です。
ワンタッチ装着型は、あらかじめアタッチメントをホイール側に取り付けて、タイヤカバーのように器具をタイヤにセットする、着脱が簡単なタイプですが、収納時にかさばるということと、価格が高いことが難点です。
ネット型は、亀甲型よりも目を細かくネット状にしたタイプで、振動や騒音が少なく、金属製に近い走破性を発揮することができますが、タイヤを包み込むような形状で、寒さでチェーンが硬化した際には装着が少し面倒になります。
それぞれの特徴や性質を考えて目的にあったものを利用することが大切です。

雪道への必携品とは

ウェディング10雪道を運転するときの必携品というのはいくつかありますが、まずはスコップを用意しておくと安心です。
車が雪に埋まってしまった時などには、一番手っ取り早い解決策が雪をどかしてしまうことですからそのようなときに備えて、除雪をすることができるスコップを用意しておけば埋まってしまった時にもすぐに雪をどかすことができるので便利です。

次にスコップだけでなく、毛布なども置いておくと便利です。
毛布などがあれば、雪に埋まってグリップが無くなってしまった時でも毛布をひくことによって地面にトラクションを掛けることができるので雪道からの脱出をしやすくなるのでスコップと合わせて持っておくと安心です。
そして、可能であればチェーンを常備しておくと安心で雪道に最も効果的なものというのが、チェーンなのでいざというときにはこれを装着すればかなりの悪路であっても走破することができるようになるので除雪などが行き届いていない場所を走行する場合にも安心です。

これらのものを用意しておけば、雪道で困るようなことがあったとしても抜け出すことができるので、準備をしておくと安心です。
特に山道などの場合には、救助をしてもらうにしても時間がかる恐れもあるので準備は欠かすことができません。

最近の投稿