Archive for 2月, 2016

どれくらい?エコカーと通常の車のコストの違い

エコカーとは、環境に優しいクルマのことを言いますが、具体的には燃費が良いことでCO2の排出量が少なくなるハイブリッドカーや全くCO2を排出しない電気自動車などを指します。CO2はオゾン層を破壊し、地球温暖化の大きな原因と考えられています。そのために少しでもCO2の排出を減らすことは、重要な課題となっているのです。しかし、そのようなエコに貢献できるからという理由でエコカーを購入する人よりも、燃料コストを安く抑えたいという理由から、エコカーを購入する人の方が多いのではないでしょうか。特に、ガソリン代が1リットル170円前後と高騰していたときは、そのように考える人が多かったようです。

ただ、維持費を抑えたいという理由だけでエコカーを考えている場合、車両購入価格や使用感なども考慮しないと後で後悔することがあるかもしれません。たとえば、ハイブリッドカーの場合、同クラスのガソリンエンジン車と比べて30万円前後車両価格が割高に設定されています。この30万円の価格差を燃料代だけで取り戻そうと思うと、相当走行距離が多くないと元を取ることができません。また、使用感に関しても、足回りが柔らかいとか、アクセルを踏み込んだときにエンジン音がしないことに違和感を感じるかもしれません。ただ、これらのことはしばらく乗っていると慣れてくるでしょう。

エコカーの走り心地や騒音について

ハイブリッドカーをはじめとするエコカーは、燃費は大変良いことはわかるのですが、走り心地や使用感などはどうなのだろうと気になる人もいることでしょう。まずハイブリッドカーの共通した特徴は、騒音が非常に少ないことです。特に発進時などのモーターで動いているときは、エンジン音がしませんので非常に静かです。二つ目に、エンジンとモーターの相乗効果によって、パワフルな加速が可能です。たとえば、プリウスなどは1.8Lエンジンを搭載していますが、2.4Lエンジン並の加速性能があります。それでいながら、燃費は軽自動車以上ですから本当に素晴らしいの一言に尽きます。

走り心地に関しては、そのクルマによって違います。初代プリウスが登場したときは、燃費性能を伸ばすために、細く燃費の良いタイヤを履いていたので、ハンドリング性能などは芳しくはありませんでした。しかし、本田CR-ZやレクサスCTのようにハイブリッドスポーツカーは、足回りがしっかりしていてハンドリング性能も高いです。したがって、ハイブリッドカーだからということで走り心地が良いとか悪いということはありません。そのクルマの性格がそのまま走り心地に反映しているのは、普通の自動車と同じです。

エコカーとガソリンエンジン車の違いについて

 エコカーとは、「低公害車」の通称です。ハイブリッド自動車や電気自動車、燃料電池自動車などのことです。また、燃料にガソリンや軽油以外の代替エネルギーを用いる、メタノール自動車や圧縮天然ガス自動車なども指します。
ガソリンエンジン車の排気ガスには、窒素酸化物や二酸化炭素、一酸化炭素といった大気汚染物質が含まれています。これが、環境問題を引き起こす一因となっています。
しかしエコカーであれば、大気汚染物質の排出量が少なくなります。あるいは、例えば燃料電池車なら水しか排出されませんし、電気自動車であればそもそも排気ガスが出ません。このように、ガソリンエンジン車に比べ、環境への負荷が少ないという特徴があります。
日本の場合、エコカーは自動車取得税や自動車重量税、自動車税(軽自動車税)などの税金が安くなる優遇措置が取られています。エコカーの普及を促進させるためのもので、環境対策の一環として行われています。
またガソリンエンジン車であったとしても、排気ガスに含まれる大気汚染物質の量が規定値よりも低ければ、低排出ガス車として認定されるという制度があります。規定値からどれくらい削減できたか、その程度によって、減税される割合が変わります。

燃料電池・水素自動車について

燃料電池車とは、水素自動車の一種であり、水素と酸素の反応で電気を発生させて走行する自動車のことです。燃料電池車の先駆けとして、トヨタ自動車は「MIRAI」という名の燃料電池車の発売を始めました。燃料電池車は排出するのが水だけであることから、環境に配慮した「究極のエコカー」とも呼ばれています。
トヨタの「MIRAI」は、1回3分ほどの水素充填で、650kmほどの走行が可能です。この自動車は今のところ1日に3台しか生産できません。熟練した技術者が1台ずつ手作業で生産しているからです。年間700台というのが当面の目標生産台数ですが、近いうちにこれを年間3,000台にまで引き上げたいというのがトヨタ自動車の考えです。とはいえ、発売から1か月の時点での受注台数は1,500台を超えており、生産は注文にまだまだ追い付かないのが現状です。現在、納車まで3年待ちの状態ですが、同社社長はこれについて、『今はまだよちよち歩きの状態ですが、皆様には気長にお待ちいただきたいと思います』と述べています。同社としては、大量生産を実施して短期間で広く普及させるよりも、新型エコカーであるこの燃料電池車の信頼構築を地道にはかっていきたいとの意向があるようです。

 

電気自動車の特徴

走行中に排出ガスをなくして環境保全に役立つような内容を提供していくことになれば、クリーンエネルギーを最大限にアピールしていくことにもつながります。こういった内容を含むのが電気自動車であり、燃費がよいという部分も家計には結果的には優しい内容となっていくのです。またガソリンを投入する従来の方法とは異なる電気の補充は、性能面でも格段にアップしていることもあって、コストを抑えるような方針も出ていきます。ガソリン代をこれまで気にしていたという方は、時期を見計らって電気自動車へ次回は乗り移るようにすることが賢明となるのです。静かな走行音も魅力のひとつになっているため、エコに人一倍関心を持っているという場合も電気自動車は最適な一台となっていきます。
以上の事柄を冷静に振り返っていけば、総合的に得をする選択をしていくことができるようになります。一般的なコンセントとは異なる電気自動車は現在では専用のスタンドが都会を中心に設置されており、所有率をアップさせるような対応も敷かれているのです。また満タンに達するまでの時間が短縮されるというメリットを改めて知ることにより、電気自動車への関心も高まっていくようになります。

ハイブリッド車の特徴

ハイブリッド車は、ガソリンによって動くエンジンと電気によって動くモーターの二つの力を使って動く車です。ハイブリッドという言葉には、混合や組み合わさるなどという意味があります。環境に優しい車として人気が高く、多くの注目を集めています。従来のガソリン車には低速度の時に燃費が悪くなるというネックがありますが、多くのハイブリッド車はモーターで加速し、燃費の良い速度に達した時点からガソリンで動くエンジンに切り替わるという特徴を持っているため燃費が良いです。また、排気ガスや二酸化炭素の排出量も少ないです。
近年では地球温暖化問題や石油などのエネルギー問題が提起されているため、ガソリンと電気を効率よく使って走るハイブリッド車は年々注目を集めています。電気自動車などの普及に必要とされる専用の充電スタンドなどを設置する必要がなく、従来の設備をそのまま利用しながら省エネや環境に配慮することができることもハイブリッド車の大きなメリットです。
ハイブリッド車の歴史は1909年にフランスで始まったと言われています。ガソリン車の性能が向上したことなどから一度は忘れられた存在となりましたが、1970年代から1990年代にかけて世界的に引き起こされた大気汚染問題などをきっかけに再び注目されることとなりました。

エコカーの有効な使い方について

エコカーは燃費が良いことで知られていますが、使い方によっては想像していたほど低燃費走行ができない場合があります。ハイブリッドカーの仕組みはエンジンとモーターのハイブリッドによって駆動力を得ます。このとき、エンジンが止まってモーターで動いているときには、燃費が非常に良くなりますが、逆にエンジンで走っている時は、普通のガソリンエンジン車と変わらなくなってしまいます。

では、どのようなときにモーター、あるいはエンジンで走行することになるのでしょうか。たとえば、トヨタのハイブリッドカープリウスを例にとると、発進するときにモーターが使われます。これは発進するときに最も燃費が悪くなるために、モーターで発進するようなシステムになっているわけです。そのため都心部の渋滞が多かったり、信号が多い地域では、ハイブリッドカーは非常に有効になります。

ところが、アクセルを踏み込んで急発進したり、高速道路を走ったりするときは、モーターだけでは駆動力が足りないので、エンジンが始動します。そうすると、ハイブリッドカーとしての低燃費は期待できなくなってしまいます。そのため高速走行が多い人は、それほど大きなハイブリッドカーによる低燃費のメリットを享受することができません。

エコカーの特徴や仕組みとは

エコカーとは、低公害車のことで公害の原因となる大気汚染物質の排出を抑制している自動車のことです。公害の原因となる大気汚染物質には、窒素酸化物・一酸化炭素・二酸化炭素などの物質があり、燃料としてガソリンを用いると排出されることが多くなっています。

また大気汚染物質は環境を悪化させたり、地球温暖化などの社会問題にも繋がるため、それに向けての対策をとることが必要です。なお低公害車の種類には、まず動力燃料自体にガソリンを用いない自動車とガソリンの一部と電気モーターを利用するハイブリッドタイプの自動車に大別されます。

その種類も電気自動車・メタノール自動車・天然ガス自動車・水素自動車・ハイブリッド自動車などがあります。なかでも日本はハイブリッド自動車の技術が優れており、ガソリンを使用する内燃機関と電力による原動モーターを組み合わせて走行させる仕組みとなっています。

加速に使う内燃機関を補助として原動モーターを併せて使用することで、排出ガスの削減も実現可能となります。いずれの自動車の特徴も有害な排気ガスを出さないか、それを大幅にカットしているタイプとなります。

また低公害車の特徴としては、燃料にガソリンを用いないことで燃費が優れている点があります。つまり少ない燃料を消費するだけで遠方までの走行を実現しています。

ガソリンの原料となる原油は、将来、枯渇する可能性が高い資源と言われています。しかも世界中の国々でも利用されている資源で相場も不安定な側面も強いため、ガソリンの使用を抑制できるのは朗報となります。

エコカーの車種の特徴

ハイブリッドカーの元祖であるプリウスが初めて登場したとき、ガソリンエンジンとモーターのハイブリッドシステムが未来のクルマを予感させるということで、内外装とも既存のどのクルマとも違う、まさに未来カーのようなスタイルで登場して話題となりました。しかし、そのときから月日を重ね、ハイブリッドシステムを搭載する車種が珍しくなくなってしまった今は、ほとんどのタイプのクルマにハイブリッドカーがあると言っても過言ではありません。

プリウスよりもコンパクトなアクアやフィットハイブリッドが登場したとき、200万円を切る価格が話題となりました。また、逆にプリウスよりもサイズが大きいクルマはハイブリッドシステムを搭載しやすいということから、あっと言う間に増えました。その中にはSAIやカムリ、レクサスCTのようなハイブリッド専用車もあれば、ガソリンエンジンとハイブリッドの両方のモデルを用意しているクルマもあります。

さらに人気のSUVやミニバン、さらにスポーツカーなどにもハイブリッドシステムを搭載したモデルが登場し、ユーザーの選択肢が増えています。かつては、ハイブリッドカーはプリウスしかなかったことを思うと、時代は本当に大きく変わりました。これからもさらなるエコカーが登場し、わたしたちの生活を変えていくことでしょう。

本当に自然にやさしい?エコカー

ウェディング09自然に優しい活動をエコと言います。最近は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の削減につながる活動をエコの代表的な活動ととらえて考えている人も多いようです。誰でもできるエコは節電で、不必要な電気は使わないとか、エアコンを冷やし過ぎないように温度調節したり、近いところはクルマは使わないなど、意識することで様々なエコ活動を行うことができます。

また、乗るだけでエコになるクルマ、いわゆるエコカーと呼ばれるクルマもあります。通常、クルマはガソリンを燃焼させて駆動力を得ます。その際に排気ガスが出るわけですが、その中には大量の二酸化炭素が含まれています。しかし、エコカーは通常のクルマと比べて、二酸化炭素の排出量を大幅に減らすことができたり、二酸化炭素を全く排出しないクルマもあります。その意味で、本当に自然に優しいクルマと言うことができます。

エコカーと呼ばれるものにはいくつかの種類があります。日本で最も多く販売されているのはハイブリッドカーで、ガソリンとモーターの二つの駆動力を使って走ります。モーターで走るときは、全く二酸化炭素を排出せず、燃費は通常のガソリンエンジンと比べて半分程度になります。そのため、単純に二酸化炭素の排出量も半分になるということです。

最近の投稿