Archive for 1月, 2016

下取り車の査定金額アップのコツ

ディーラーに車を下取りしてもらうと、他の買取り専門店などで提示される査定金額と比べて大きく差がついてしまうことは非常に多くあります。これは「下取りの査定基準」などが買取業者とは大きく違ったものであるという点も影響していますが、何よりも「売れない」ということが買取価格ダウンの大きな理由となっています。大手の買取業者の場合、すでに構築してきた「販路」が確保されています。顧客が多いという事は「売れる可能性も高い」という事になる為、多少無理をして高額買取をしても利益を出せる可能性があります。しかし、ディーラーの場合はこの販路がぜい弱である為、買取業者並みの高額買取りをしていたのではまるっきり赤字になってしまう可能性が高くなってしまい、どうしても高額買取が実現しづらい状況になってしまっています。

しかし、ディーラーの場合は「購入割引」があります。メーカーだからこそ出来る限界いっぱいの割引額は非常に高く、買取業者との買取金額差を加味しても決して引けを取りません。ですので、まずは出来るかぎり値引き額を増やしてもらえるように交渉していくことが大切です。その上で、満足出来る値引きが決まった後で「下取り車がある」という事を伝え、「他の買取業者はもっと高かった」という事を積極的にアピールしていくことで、トータルでの購入金額の割引率を高めることが出来ます。

下取り車があることを内緒にするメリット

ディーラーを利用して新車を購入、下取りによる価格の相殺を行う場合、「下取り車があることを内緒にして交渉していく」ことは非常に有効な方法です。この方法を行うことによって購入金額を大幅に値引きすることが期待できるうえ、その値引き額を出来る限り大きいものにすることも可能です。

なぜ「下取りの有無」を内緒にする必要があるのかというと、ディーラーのセールスの中には「本来の下取り価格を少なく伝え、その分を値引き額として提示する」という人がいます。つまり、本来であれば100万円の下取り価格があるのに80万円と伝え、差額の20万円分を「特別に値引きします」という形で提案してくるという事です。何も知らずにこのような提案をされれば「ありがたい」と感じてしまうところですが、何を隠そうその20万円はそもそもの下取り価格ですのでディーラー側としては全くリスクが無い訳です。心情的には得をしたような気になるかもしれませんが、実質的には「本来の値引き分を損している」という状況になってしまいます。

そこで、まずは下取り車はないという状況で値引き交渉を行い、最終最後の段階で「やっぱり下取りでお願いする」という形をとることにより購入価格をより安くすることが可能です。

納車費用や車庫証明は値引きできる?

ディーラーで自動車を購入する際には、
納車費用と車庫証明の手続き代行のための費用が掛かります。
これらの費用は値引きすることができます。
納車費用はディーラーによって違いますが、
大体1万円ほど掛かります。
車庫証明の手続き代行費用もディーラーによって違い
大体1万5千円ほどになります。
2つ合わせて2万5千円ほどといえます。
納車費用は自宅などの指定した場所に持ってきてもらうための費用です。
これは、自分でディーラーまで取りに行けば全額カットできるのです。
営業マンにその旨を伝えれば問題ないでしょう。
持ってくるまでのアクシデントなどのリスクを考えるとディーラーとしても
ノーとは言えないでしょう。
次に車庫証明の手続き代行費用ですが、これも自分で行なうことができます。
これは、保管する場所を確保できていることを証明するものです。
その場合、地域によって違いますが大体2500円ほど掛かります。
つまり、1万5千円と比べて1万2500円ほど安くできるのです。
営業マンにはこの手続きを自分でやることを伝えれば大丈夫です。
交渉の流れによっては営業マンが無料で手続きしてくれる場合もあります。
納車費用と車庫証明の手続き代行費用の値引きができれば、
全部で2万5千円ほども安くできることになるのです。
これらの値引き交渉は契約書にサインをした後ではなく、
必ず契約書にサインする前に行なっておきましょう。

ディーラーオプションからの値引きって?

ディーラーオプションでは、オプションの費用の他に工賃を取られてしまう場合がほとんどです。このため、工賃の方も値引きの交渉を進めていく必要があるのかというとそうではありません。むしろ両方の総額から交渉するとうまくいくことが多いようです。本来であれば1つ1つのオプションについて交渉していくのが理想的と言えますが、実際はそんな細かい交渉の仕方だと営業マンの方もあまり良い顔をしませんし、交渉自体もうまくいきません。むしろ総額から交渉するとディーラー側も値引きができるところとできないところを冷静に判断して交渉に応じてくれるようになります。なお値引き自体が厳しい場合は、値引きの方ではなくサービスとして他のオプションを無料で付けてもらうこともできるようです。工賃に関しても、足元に敷くフロアマットにまで工賃が発生している場合があります。このため、工賃が発生する作業でもし自分でも付けられそうなものがあれば、その部分を交渉して工賃をカットしてもらうこともできます。このようにディーラーオプションとの交渉においては、こちらから何も言わなければ見積もり通りに支払ってしまうことも多いのでしっかりと交渉するようにしてください。

買う意思を伝える!必ず希望価格を設定しよう

みなさんは車を購入する際、どのような方法で入手することを考えるでしょうか。
一口に購入方法といってもさまざまなものがあります。
店舗で購入を考えている場合には、まず最初に希望額を設定して営業マンに伝えましょう。
車両本体価格だけではなく、色々な諸費用も発生するので、車両本体価格だけを見ていると泣きを見る可能性もあるのです。
あとからお金が足りない、となって計画通りに購入できなかったり、あせってしまうこともあるので、事前にしっかりと伝えておくことが大切です。
ただ、実際に展示されている価格はあくまでも参考価格なので、営業マンを味方につけるためには「ほしい」という意思もきちんと見せましょう。
あなたが確実に購入したり、冷やかしではないことが伝われば、営業マンとしても成績をあげるために味方になってくれる可能性あります。
ですから、敵対するのではなく、できるだけフレンドリーに対応をして、希望価格で購入できるように働きかけましょう。
その際、決して1店舗だけではなく、複数の店舗で同じ条件を提示することにより、うまくいけば価格がダウンすることもあります。
少しでもお得に購入したいと考える場合にはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

値引きしてもらいやすい時期がある?

新車を購入する際に値引きしてもらいやすくなる時期は、一番は決算期に当たる3月であると思われます。なぜ決算期なのかと言うと、メーカーが株主に対して少しでも会社の業績を良く見せたいという思いから、ディーラーに対してノルマ達成時に奨励金を出すようになります。そうするとディーラーも本体価格を大幅に割り引いてでも販売台数を伸ばそうと値引きをしてくれるのです。ただし気を付けたいのが販売台数として登録される時期です。ディーラーが狙っているのは3月の販売台数なので3月の登録数を増やしたいと考えています。しかし、購入者が3月に販売店に行っても登録は4月になってしまいます。そのため、3月登録に間に合うように1月末~2月中旬あたりにディーラーと1~2回目の交渉に入り、2月末までには購入しておきたいところです。そうすると値引きが期待できるでしょう。次に値引きが期待される時期は9月です。というのも、9月というのは中間決算の時期でもあるので、こちらも3月の決算期と同じ理由で期待できます。ただ9月の場合は中間決算なのでどうしても決算期に比べると値引き幅は少なくなる可能性があります。これはなぜかと言いますと、中間決算というのは決算期よりも業績が重視されないからです。

営業マンとの仲良くなって交渉しよう!

車の購入の際には営業マンとできるだけ仲良くなっておくことが大切です。安く購入する為にも交渉をすることがありますが、その際に仲良くなっていると交渉に応じてもらい易くなります。営業マンも人間ですので感じの良い客には好印象を持ちますし、交渉の際にも努力してくれる可能性が高くなるのです。
そして交渉の成功率をアップさせる為に重要なのが理詰めで交渉をすることです。交渉をする際にありがちなのが、言葉だけで値引きを迫る方法ですが、そういったやり方はあまり効果としては高くありません。仲良くなった営業マンなら要望にある程度は応えてもらうことができるかもしれませんが、しかしながら言葉だけで値引きを希望するのは効き目としては低いのです。
ところが理詰めで交渉をすることによって大きく値引きをしてくれることがあり、成功の為のコツとしては他店と競合させることです。ライバル店を巻き込んで交渉をすることで競争意識を持たせることができますし、ライバル店の価格がこの位だからそれに合わせて値引きをして欲しいと交渉することができます。交渉の為には武器が必要になりますので、その為にも他店でも見積もりを出してもらうといった工夫が大事なのです。

地域によって価格が違う?

消費者にとっては値引きされた金額で購入をしていくことが理想的な展開になるのです。時代背景や経済の動向でも値引き率に違いはありますが、ディーラーとよく相談すれば値引きは現実のところ可能になっています。さらに地域による差というものは少なからずあるものの、長い目で見れば修理を迅速にしてくれる都市部の方がお得に感じる部分も多いのです。2割または3割値引きできれば、消費者としては合格であるという点が言えるわけです。
それに加えディーラー側としては赤字を阻止していくような方向が最優先されることから、マージンに相当する金額とのバランスを確認していくような行動が必要なのです。値引き率には限界があるものの、販売数を伸ばして利益を上げていくことも上から求められているため、消費者としてはその辺りを理詰めで実行していく部分が大切です。
以上の事柄を冷静に振り返れば、ディーラーとの正しい交渉を学ぶことに加え、購入のタイミングというものを把握していくこととなります。保険への加入やその他の諸費用についてもしっかりと見て、納得のいく方法で締めくくることが重要になるのです。地域ごとの特徴についても慎重に見定める部分が大事になっていきます。

値引き項目、4つのポイント

新車購入費用に対して「いくらでも構わない」と思えるような富裕層の人ならば良いのですが、全体的に言うと「少しでも安く済ませたい」と思っている人が大多数です。少しでも購入金額を安くしていくためには、「どの部分が節約可能なのか」をしっかりと把握しておく必要があります。

まず、ディーラーでの値引き項目として大きなウェイトを占めているのは「車両本体価格」です。多くの方は何かしらの理由を付けて「安くしてほしい」というアプローチを掛けるでしょうが、この部分でどの程度の割引を勝ち取ることが出来るかによって最終的な割引金額が大きく変わります。その際、下取りに関しては「無い」という方向で話を進めることが一つのポイントです。

2つ目は「ディーラーオプション」と呼ばれる部分です。フロアーマットやバイザーなどの付属品が該当しますが、不要なものはつけない、割引交渉をするということで若干のコストダウンを見込めます。

3つ目は「諸費用」です。法定諸費用に関しては一律で金額が決まっていますが、中にはカットもしくは減額出来る項目もあります。「自分で出来ることは自分でやる」というスタンスであれば、若干の割引が可能です。

最後は「下取り」です。契約が成立する直前の段階に「やっぱり下取りしてほしい」と伝えることで、最大限の割引を受けることが可能です。また、査定の際に「比較できる情報」を把握しておくと下取り価格アップに効果的です。

お得に車を購入したい人へ!値引き交渉テクニック大公開

値引き交渉は単に値引きをして欲しいと伝えるだけでも対応してくれることがあります。しかしながらその程度の交渉で下げてくれるのは最初から予定されていたようなものですし、そこからさらに値引きを引き出してこそよりお得に車を購入することができるのです。
より収穫を得る為のテクニックとして、大事なのが他店と競合させることです。ライバル不在の状態で交渉をしても、相手からすれば応じる必要性をそこまで感じませんので、交渉にトライしても効果は低くなってしまいます。しかしライバルがいる場合ですと、ライバルに客を取られる訳にはいかないという心理が働きますので、さらなる値引きに応じてくれることがあるのです。ですから交渉をする時には他店でも見積もりを出してもらっておいた方が良いですし、そしてお互いのお店でそれぞれ交渉をして競合させるような形で相談をしてみると上手く行き易くなるのです。
上司を巻き込んで交渉をするのもコツです。値引きをしても良い割合は担当者によって違っていたりしますが、やはり上司の方が値引き率を高くする権限を持っています。ですからもっと値引きができないか上司に相談してもらうことによってさらに安くしてもらえることもあるのです。ウェディング08

最近の投稿