Archive for 9月, 2015

定員乗車時には荷物をあまり積みこめない

エンジンルームと居住スペース、そしてトランクルームと、空間が3つに分かれたセダンタイプとは違い、居住スペースとトランクルームを一体化する事で、より大きな物を積み込む事が可能な事で人気となっているのが、ハッチバックタイプの車です。
ハッチバックの魅力は、状況に合わせて様々な使い方が出来る事です。
シートを立てた状態であれば、定員までの人数の乗車が可能で、シートを倒す事により、様々な物を積み込む事が出来るようになります。
トランクルームと居住スペースが一体化となっている事で、長い物であっても、積み込む事が可能となります。
シートを倒す事で、寝るスペースを作る事も可能で、車中泊を考える場合にも最適な車です。
ただ、デメリットとなるのが、トランクルームと居住スペースが一体となっている為、定員まで人が乗車した場合、荷物を積める量が減ってしまう事です。
居住スペースが広く、多くの人数、多くの物を積み込む事が出来るというイメージを持つ人は少なくありませんが、シートを立てて使えば、それだけ物を積み込む空間は少なくなってしまいます。
ですから、実際にハッチバックタイプの車に乗る際は、乗車する人数と積み込む物の量のバランスを意識する事が大切です。

荷室が見えやすいので車上狙いの標的になりやすい

車を買い替えるときって、色々悩みますよね。車種、カラー、オプション、価格、悩みどころはたくさんあります。特に家族構成が変わった際は、車の買い替えの検討をされる方が多いでしょう。そんな時に乗車人数だけでなく気になるのが、荷室の広さと、荷物の出し入れの手軽さではないでしょうか。
その種類には大きく分けてセダンタイプ(トランク)とハッチバックタイプがあります。その中でも、ハッチバックタイプは荷物がたくさん入る場合が多いですし、取り出しも容易で人気となっています。
でもちょっと待ってください。ハッチバックにはメリットだけでなく、デメリットもあります。それは、外から丸見えになってしまうことです。セダンタイプなどではトランク形式のため、外から見ることができません。ですがハッチバックでは外から見えてしまうので、車上狙いの格好の獲物となってしまいます。もちろん最近ではガラスを割られたりドアを開けたりすると警報が鳴るような仕組みも多くありますが、すぐに逃げられてしまった場合は、どうしようもありません。
対策としては、車に乗らないときはなるべく荷物を置かないようにすることがありますが、なかなか、そうもいかないことも多いはず。
こういった要素も、購入の際の検討しなければならないこととして、頭の隅に置いておくと良いでしょう。

ハッチバックのデメリットを感じる部分

一般的に、ハッチバックタイプの車にはメリットが多いと言われていますが、しかしデメリットがまったくないというわけではありません。ハッチバックタイプとは言ってもいろいろな種類の、そしていろいろな特徴をそれぞれの車が備えているわけですが、おそらくハッチバックタイプの車のデメリットは、ほぼすべてのハッチバック車に共通するのではないか、と気づく人も少なくないと思います。
結論から言ってしまえば、ハッチバック車のほとんどすべてに共通するデメリットは、「リアドアの開閉が機能的でない」という短所が挙げられるでしょう。
セダンタイプの車と比較していただければわかりやすいですが、セダン車の場合、そもそも「リアドア」と呼べるような「ドア」が存在していません。収納スペースとして特別に設けられているのは「トランク」と呼ばれるスペースです。ですから、セダン車の場合は、収納スペース専用の扉を設ければそれでよいということになります。つまり、扉の開閉に無駄なスペースを要しません。
ところがハッチバック車の場合、収納スペースの扉はあくまでも「ドア」ですから、その開閉には「ドア」に見合ったスペースが必要になってしまうのです。
実際、リアドアを開けようとしてもスペースがなくて、もう一度運転席に戻って車を少し前に出してから、もう一度リアドアを開けるという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

後部座席の使い方でバンのように広く使える

車というのは、通勤する際の足としてだったり、旅行等のレジャーに出掛ける際の足として等、便利な移動手段として日頃から活用している人は多くいます。そしてそんな車の活用法として一般的なのが、買い物を行う際に利用する事です。買い物時に車に乗って出掛ければ、徒歩で出掛けた時に比べて荷物の持ち運びが、断然楽だったりします。そのため、両手に持ち切れない程に買い物をしても、無理なく持ち帰る事が出来て非常に便利です。
そんな風に、車というのは移動手段としてだけでなく、荷物を運搬する際にも大いに役立てる事が出来ます。なのでそういった形で、荷物を多く積める様に大きな車を購入しようと考える人も少なくないです。ですがバンの様に大きな車だと、確かに荷物を多く積めますが、その分、車体が大きくて運転技術に自信がない人は不安だったりします。ですがそういった人の望みを叶える方法が、存在しています。
それは、ハッチバック式の車を購入するという方法です。ハッチバック式ならば、車体が小さめな車も多く、車体が大き過ぎて運転し難いという事はなかったりします。更に小柄な車体でありながら、後部座席を折り畳んでそこに荷物を積み込める様な、構造になっている車が多くあるのです。なのでハッチバック式なら、運転のし易さと荷物の運び易さを両立出来ます。

楽に荷物の積み下ろしができる

ハッチバック車のメリットは荷物の積み下ろしが楽だということです。普通車の場合はトランクを開けて行いますが、下に下ろすことになるので意外と疲れますし、開口部が狭いこともあり、大きな物は入れづらいということもあります。ハッチバックの場合は屈むことなく、そのまま、物を入れられるので特に女性に評判が良いようです。また、最近では電動で開くハッチバックも増えており、重いハッチバックを簡単に開けられるとして大変好評です。そして、ハッチバックの利点はもう1つあります。それは長いものが入るということです。普通車の場合、トランクは乗車空間と分かれていますが、ハッチバックは奥行きもたっぷり取れます。引っ越しの際やスキーゴルフなどで使う物もらくらく載せることができるのもメリットと言えます。ハッチバック車はSUVに多いですが、小型普通自動車でも増えてきており、選択の幅が広がっています。ただし、ハッチバック車はタクシーなどでは利用されないことも多いようです。それは後方から追突された際にトランクで衝撃を吸収できますが、ハッチバックの場合はそのまま乗員にショックが与えられることもあるからと言われていますが、後部の安全対策も取られてきているのでどの分野でもハッチバックの利用が増えてきています

ハッチバックのメリットを感じる部分

ハッチバックとは、エンジンルーム・居住スペース・トランクルームと3つの空間に分かれたセダンのような形状ではなく、トランクルームと居住スペースを一体化させ、後ろは跳ね上げ式のドアで開閉するタイプの車のことです。これだと普通の車のトランクに入らないような大きな荷物や長い荷物も乗せることができて便利です。なかには後ろの座席を倒すことで、さらに荷室スペースを広げて多くの荷物を載せられるタイプのものもあります。

ハッチバックのメリットは、大きな荷物や長い荷物でも乗せることができるだけではありません。トランクではないので、後方の荷物を取るときに車を停車させる必要がありません。たまに信号待ちをしているときに降りてトランクから荷物を取り出そうとしている人をみかけますが、見るからに危ないです。

またハッチバックには、セダンのようにトランク部分の振出がなく、車体の4隅に位置する部分にタイヤがあるために、車体に妙なモーメントがかからないのも長所です。雪道を走行するときもスピンしにくいです。

またタイヤの位置が違うということは、窓の位置にも違いがでてきます。ボディラインに沿った窓配置になっているので、走行中のななめ後ろの確認や車庫入れの際にはハッチバックのほうがメリットを感じます。

コンパクトさと使い勝手の良さ

コンパクトカーが人気ですが、特にハッチバック車に人気が集まっています。メーカーもハッチバック車に力を入れてきます。日本だけではなく、世界的にもハッチバックが人気が出ているようです。人気の理由は主に2つあるようです。1つは軽量なのでエンジンが小さく、車体の割に乗車空間が広いこと。2つ目は使い勝手がとてもよいということです。セダンの場合はトランクがあり、居住スペースがありますが、ハッチバックの場合は居住スペースとトランクルームが一緒になっているため、柔軟に荷物を積むことができる、また、長い物なども載せられます。そして、特に女性に好評なのが前かがみにならなくても荷物を出し入れできる点です。トランクの場合はどうしても前かがみに入れることになり、腰に負担がかかると言われています。また、開口部についてもハッチバックはとても広くなりますので入れやすく、取り出しやすい点も好評です。ただ、それでもセダンがいいという方の多くが安全面を考えているようです。トランクは後方からの衝撃に比較的強いと言われています。メーカー各社もこの点は特に考慮しているようで、ハッチバックでもさまざまな安全対策が講じられてきており、以前よりも安全性は格段にあがっているようです

室内空間と荷室スペースを両立して作ることができる

この時期、新社会人になるにあたって自動車の免許証を取得された方も少なくないでしょう。
そうなると必要になってくるのが運転する車です。
どんな車を選ぶのも楽しみの一つですが、やはりたくさんの荷物を積める車種はお勧めです。

最近では室内空間を上手く利用したハッチバックタイプの車が人気です。
ハッチバックとは、ボンネットがあるタイプの車などで車高が低かったりコンパクトな車体でも荷物を多く積めるように、背面に跳ね上げ式のドアをつけて、荷室スペースを設けた車種のことです。
時折、横開き式のものもあります。
後部座席を折りたためるようになっていることが殆どで、普段は人を載せつつ、荷物が多い時はバンのように使うことが出来ます。

女性に人気があるコンパクトカーなどの多くがこのタイプの作りになっています。
車体自体は小回りがききつつ、しっかりと荷物を載せることが出来るので、普段使いにピッタリです。
週末にまとめ買いをすることが多い方や、ベビーカーや自転車などのちょっと大きめの荷物を乗せたり、大型犬などのペットを乗せることがある方に特にお勧めです。

この荷室スペースを上手く利用するため、荷物が運転中転がったりしないようにするための折りたたみ式収納カゴや、綺麗に使うためのカバーマットなどもたくさん販売されていますので、こういったものも併せて探してみられるのもいいのではないでしょうか。

ハッチバックの特性

自動車のスタイルにはいくつかの種類があります。最もオーソドックスなスタイルといえばセダンとなりますが、セダンはエンジンルームとキャビン、そしてトランクの三つが独立しているクルマを言い、そのために3ボックスと呼ばれることもあります。それに対して、ワンボックスカーのようにエンジンをキャビンの下に配置し、キャビン部分一つだけのボックスになっているクルマもあります。国内ではセダン以上に人気がありますね。

では、2ボックススタイルのクルマはあるのかというと、非常に多くあります。2ボックススタイルというのは、エンジンルームが一つと、キャビンと荷室が一緒になった空間が二つで構成されているクルマです。このようなクルマをハッチバックと呼び、3ドア及び5ドアがあります。ちなみに、荷室部分を大きくしたものはワゴンになります。このスタイルはセダンとほぼ同等の快適性を確保していながら、後方のドアを開けて、後部座席を倒すと、広大なスペースが出現することから、ワゴンほどではないけれど、荷物を多く積む機会の多い方には大変便利です。また、全長がコンパクトになりますので、小回りがききます。細い道が多いヨーロッパや日本などでは大変人気があるスタイルです。

ハッチバックってどんなもの?

海-クジラ 自動車の車種タイプの一つとしてハッチバックが挙げられます。この車種の大きな特徴は自動車後部に搭載されているリアゲート。セダンタイプとは違いトランクルームが独立しておらず、居住スペースと一体型となっているのが特徴です。最近では国産メーカーのみならず、海外メーカーでも多く製造されています。最大の利点はトランクルームという概念がないこと。トランクと乗車席が一体となっていますのでセダンタイプよりも長い荷物を積載することが可能です。サーフィンやスノーボードなどの長い物でも楽に積載することができ、若者にも人気の車種です。また、車体がコンパクトに設計されているため、女性や高齢者、初心者の方など運転に自信のない方でも比較的運転しやすい車種です。小柄な車体ですので市街地での走行もそれほど苦になりません。道路の海-イルカ狭い日本では特に重宝されている車種の一つです。現在では各メーカーともに更に技術の開発が進み、小柄なボディながらそれに見合っただけの充分な排気量のエンジンも搭載され、ボディの剛性も高まり安全性も向上しています。これからの時代、環境問題なども含めて、自動車業界を背負っていく重要な車種となることでしょう。

最近の投稿