Archive for 8月, 2014

車庫証明の取り方とは

自動車関係の手続きの中には、新車新規登録や中古車新規登録、番号変更、名義変更、変更登録などがありますが、所有者が変わったりあるいは使用者が変わった場合、さらに住所が変わったりした場合には車庫証明が必要になります。
この書類の発行元は最寄りの警察署になります。そのため、警察署に行って発行を依頼することになりますが、申請書類にはその住所地や名前など以外にも、申請書類の裏面に所在地のある近隣などの図面を記載する必要があります。
この図面にはコツがあって、ある程度その保管場所が分かるように記載する必要がありますし、また近隣に目立つものや保管場所とされる場所が分かるようにカーブミラーや何らかの公的に設置されたものを目印として記載する必要があります。
こうした書類の記載方法には自動車業者などは手馴れており、彼らに任せることもできますので、相談してみる価値はあります。なお、もしその場所を賃貸で借りている場合には、賃貸契約書などの写しが必要な場合があったりあるいはその場所を貸している大家の署名捺印が必要な場合があります。
警察署側での確認が済めば速やかに発行されますが、発行ができれば申請者に連絡がある場合があります。

売買契約の解約について

売買契約の解約はいつまでできるか確認しました。契約は契約書を取り交わした際に確定しますが、車の納車までは保留に近い状態になっていることがあります。各社とも納車ができて初めて契約成立としている場合が多いようです。特に、自動車の場合は他の商品と違い、在庫を持っていてもナンバー取得、車庫証明取得など各種てつづきがあるため、最速でも1週間以上はかかることが多いようです。そのため、契約書は発注書でしかなく、納車をして初めて契約成立となります。そのため、納車前にキャンセルしても問題なく、実際に、契約後に支払い等に問題があってキャンセルする場合も少なくないようです。しかし、支払いに問題がなければ通常はキャンセルはしない場合が多いようです。それは、契約条項を確認するしないを別にして倫理的にキャンセルが出来ないと考える方が多いからと言われています。しかし、売買の際に自分の側に瑕疵がないなら解約はしてもかまいません。車は高価な買い物の一つですのでセールスマンとの信頼関係も重要です。キャンセルの理由にはいくつかあるようですが、支払いの可否以外に一番多いのは、発注してすぐに新型が発売されたなどのセールスマンからの情報不足があるようです。

提携ローンと残価設定ローンとは

自動車を購入するとき、ローンを利用する場合は、販売店で紹介される提携ローンと、自分で金融機関と交渉して、自動車ローンを利用する場合があります。

 一般的に、金融機関の自動車ローンが3%前後なのに対して、販売店で紹介されるローンは、基本的に5%台後半など若干高めになっています。ここから、車種ごとにキャンペーンをやっていて、今なら〇〇購入で1.9%とか2.9%など、対象に条件が合えば金融機関のローンより低い条件で利用できる場合もあります。
ただし、販売店でローンを紹介してもらうと、車の登録手続きなどと一緒にローンの手続きも一括で代行してくれるので、手間がかからず、また販売店と信販会社の取引関係ができているので、一般的に、自分で金融機関に行くよりも審査が通りやすいのも特徴です。

 販売店で紹介されるローンの中の種類の一つとして残価設定ローンがあります。
200万円の車を、5年後に30万円で下取りするという条件をあらかじめ付けることで、実際に支払うのは170万円分の割賦、5年後に車を返せばそれで終了、乗り続けたい場合は30万円を現金で払うか、またそれを分割にするといった方法です。
自己の損傷などがなければ5年後の下取り金額が保証され、それより査定が高ければ他に売ることも可能です。

自動車リサイクル料金の支払い方法について

自動車を所有している方の場合では、現在では自動車リサイクル法によって車種によって予め決められているリサイクル料金を支払っていることになります。2005年の1月からスタートした法律になりますが、同年以降に購入した全ての自動車について事前にリサイクル料金が必要とされています。一般的に自動車リサイクル料金の支払いに関しては、新車購入時の場合では車両を購入する際に、ディーラーなどが代行して手続きすることが行われています。中古車の購入の場合では、新車購入時と同様に既に支払い済みの場合では購入金額に上乗せされるシステムが用意されています。リサイクル券と呼ばれているものがあり、実際にリサイクル料金を支払った場合では、運輸支局によってリサイクル券が発行されることになります。この券に関しては自動車を廃車にする際に必要とされているものになり、フロンガスの回収やエアバッグ、シュレッダーダストなどの項目を適切に処理することができるようになります。通常では解体作業費用とは別に分類されているものになるために、状態によっては別途解体するための費用が必要になるケースも出る可能性があります。料金に関しては殆どのケースで業者が代行するために、費用の負担だけで済ませることができます。

クルマの購入に必要な手続きとは

クルマは非常に高額なものです。したがって他の買い物とは違い、慎重に購入手続きを進めていく必要があります。まず、ほしい車種を決めます。ほしい車が一台に絞れていても、競合車を考えておくと値引き交渉に役立ったウェディング06り、試乗してみたときに考えが変わったりすることもあるので、性格が似ている車も2~3台考えておくと良いでしょう。

次に、ディーラーに出向いて見積りをとります。試乗車があれば、必ず試乗することが大切です。実際に乗ってみると、想像していたのとは随分違っていたということが良くあるからです。最初の見積りはディーラーが提示するままで良いですが、交渉を進めていく中で、値引きの交渉や費用カットの請求を行っていきます。その際に競合車があると非常に効果的です。新車購入が確定したら、印鑑証明書、住民票、車庫証明書など必要な書類を用意します。自分で用意することができるものは自分ですると費用を抑えることができます。

また、中古車を処分する場合は、下取りに出すのか、買取業者に買い取ってもらうのかを決めなければなりません。一般に下取りよりも、買取業者に売却したほうが高く買い取ってもらえます。ただ、中古車の売却手続きは、新車の納車日が確定してから行いましょう。人気車の場合、3か月以上の納車待ちということもあるからです。

新車と中古車の購入費用の比較方法と比較ポイント

ウェディング05現代では、一家に一台は当たり前といわれている自動車ですが、移動手段のひとつとしては、なくてはならない乗り物となってきています。車の所持率は年々増加気味とも考えられ、多いところでは一人一台の家庭もあるでしょう。そんな自動車ですが、決して安値のものではなく、一台買うだけでも大きな買い物となります。様々なメーカーがあり、車種、デザイン、色など選ぶのも楽しくなるほど多くの自動車がでており、現代では中古車でも、様々なものが売られています。比較しても大差がない物も多く、どちらで購入するか迷う方も多いのではないでしょうか。これらの違いは何点かありますが、中古車の場合、走行距離や年式、年数によって費用が違ってきます。距離を走ってたり、年数や年式が古かったりすると、その分、値は安くなります。新車を購入される方はもちろん多いですが、『安くても問題なく使用できる』という考えで、中古での購入率も高くなってきています。
どちらの車を購入するか迷うところではありますが、それぞれにメリットがあり、それに応じた費用がかかる為、これらの事を踏まえた上で検討することが良いでしょう。自動車は移動手段として大切なものであり、現代では必要不可欠なものと考える人も多いです。購入する際には慎重に考え自分にあった方法で購入することが望ましいでしょう。

中古車プライスボードの見方とは

ドライバーが新しい車を購入する主な方法としては、ディーラーで新車を購入する方法と中古車販売店で中古自動車を購入する方法があります。
価格を重視したり、生産が終了している車を入手したり、レアな車を購入したりしたい場合には中古自動車の購入は魅力的です。
中古自動車販売店へ行くと、販売されている車にはプライスボードが掲げられています。
プライスボードには車の価格だけでなく、車種や形式、車検証の有効期限、走行距離数、前の使用者による点検整備記録簿などが記載されており、一目で車の状態が把握出来るように工夫が施されています。
特に重要なのが、車検証の有効期限や点検整備に関する項目であり、修理歴や事故歴などの確認を行えるので、すぐに車検を行なう必要があるのかどうかが分かり、修理歴や事故歴の有無によって車が本来の性能を発揮出来るかどうかがある程度分かります。
中古自動車を購入する人にとって、重要な資料であり、欲しい情報を入手出来る便利な仕組みです。
最大限に活用をすることで、ユーザーはユーザー自身が望む中古自動車を購入することが出来るようになります。
中古自動車販売店のほとんどが昔からこの形式で購入者に車の情報を与えており、業者のWebサイトの価格表も価格ボードを基に作成されています。

下取り車の手続きと手順について

クルマを購入するとき、それまで乗ってきたクルマをディーラーや中古車販売店に売却することを下取りと言います。下取りに出すメリットは、買取店に持っていくのと比べて、手間がかからないということです。また、販売員によっては個人的なつてがあって、高値で下取りしてくれる場合もあります。

下取りの手続きは、クルマを購入する際の見積りの段階でその旨を伝えると良いでしょう。ただ、下取り価格を新車の値引き価格に回されてしまうことがあるので、最初は考え中とでも答えておき、後から下取りしてもらいたい旨を伝えても良いかもしれません。

下取りの手続きは、必要な書類を揃えるだけです。必要書類は車検証、自賠責保険証、自動車納税証明書、印鑑証明書などです。軽自動車の場合は印鑑証明書は不用です。また、引越しをして車検証に記載された住所が違っている場合は、住民票が必要になり、結婚をして苗字が変わっている場合は、戸籍謄本が必要になります。

ところで、その下取り車にまだローンが残っている場合は、下取りに出すことができるのか不安という人もいることでしょう。ローンが残っている場合は、一括返済をして所有権解除をしてもらう必要があります。下取り価格から残金を支払うこともできます。

中古車の購入のポイントについて

車を購入ウェディング04したいと考えたとき、新車を購入出来ればいいのですが、金額的なこともあり、中古車を選ぶという人もいます。もちろん、経済的に余裕があっても、新車でなくて中古車にするという人がいるのも事実です。
新車とは違い、中古車というのは他の人が一度所有したり、複数の人が乗っていたような車になります。ですから、完全なものではないと考えた方がいいでしょう。ですから、本人の意識の問題が一番になるのです。
特にまっさらな新しい車両でなくてもいいというこだわりの特にない人では、中古車の方が値段も安いですし、新しめの中古車であれば、エンジンの回り始めたとてもいい状態で乗り始めることができるようになるので、いいでしょう。しかし、他の人が乗っていた車だからこそ、気を付けなければならないこともあります。
中古車購入の際に、確認しておきたいことは、まず年式や走行距離、エンジンやボディの状態です。時々、とても安く売っている車がありますが、安いものはそれなりの理由があると考えた方がいいでしょう。一度事故に遭っている車などでは、それによって車にクセもあったりするので、乗りにくいこともあります。事故もなく、現在の状況を正直に詳しく説明してくれるような信頼のできる業者から購入しましょう。

最近の投稿